2014.04.24

ホームでスコアレスドロー…アトレティコDF「妥当な結果」

フィリペ・ルイス
フィリペ・ルイス(左)がチェルシーとのファーストレグを振り返った [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが22日に行われ、アトレティコ・マドリードとチェルシーが対戦。0-0のスコアレスドローに終わった。

 ホームでのファーストレグを引き分けで終え、アトレティコ・マドリードのブラジル代表DFフィリペ・ルイスが試合を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 フィリペ・ルイスは、「妥当な結果だと思う。チェルシーは、ここで何をすべきかをわかっていたけど、それは僕たちも同じだ。チェルシーは、僕たちのプレーを把握していて、長身選手を並べて、うちの高さに対抗された。僕たちのことをよく研究していたと思う。とても戦術的な試合だったね」と、スコアレスドローを振り返った。

 そして、「セカンドレグでは、どちらが勝ってもおかしくない。アウェーでは、ゴールを狙いつつ、聡明なプレーを心掛けるつもりだ。(スペイン人MFガビが累積警告で出場停止となるが)僕たちにとって大きな痛手だ。うちの主将だからね。その穴を埋めるために、全員でベストを尽くしたい」と、30日のセカンドレグを見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る