2014.04.10

CL準決勝進出を喜ぶロッベン「この瞬間のために生きている」

ロッベン
勝利を喜ぶバイエルンのロッベン(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが9日に行われ、バイエルンと日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uが対戦。3-1でバイエルンが逆転勝利を収め、1勝1分けで準決勝進出を決めた。なお、香川はフル出場を果たした。

 試合後、バイエルンのオランダ代表FWアルイェン・ロッベンが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 76分にチーム3点目を決めたロッベンは、「このような試合のためにサッカーを続けていると言っても過言ではない。ここでベストを尽くさないで、いつするんだ?最高にうれしい。この瞬間のために生きているようなものだ。全てはこの瞬間のためにある。きつい練習もね」と、勝利の喜びを語った。

 そして試合を振り返って、「特に前半は良いプレーができた。だが、もっとボールを回して、サイドチェンジを活用すべきだった。こういう対戦相手の場合、サイドチェンジが鍵を握る。(先制された後)すぐに同点弾を決めることができたのが大きかった。あと1チーム倒せば、(決勝開催地の)リスボンだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る