FOLLOW US

CLスペイン対決初戦はドロー…ホームで先制許すもバルセロナが追いつく

ドリブルで突破を図るメッシ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグが1日に行われ、バルセロナアトレティコ・マドリードが対戦した。

 国内のリーグ戦でも激しい優勝争いを繰り広げる両チームは、今シーズンすでに3度対戦しているが、いずれもドローに終わっている。欧州の舞台での試合は開始早々バルセロナにアクシデント。ジェラール・ピケが負傷し、開始12分でマルク・バルトラとの交代を余儀なくされる。

 立ち上がりはアトレティコがジエゴ・コスタとダビド・ビジャのツートップを中心に攻め込むが、試合は徐々にバルセロナペースに。26分、リオネル・メッシが巧みなボールタッチでマークをはがすと、ペナルティエリア内左へスルーパス。アンドレス・イニエスタがすかさずシュートするが、ディエゴ・ゴディンがブロックに入った。

 30分、アトレティコにもトラブル。エースのジエゴ・コスタが太ももを負傷し、ジエゴとの交代となってしまう。前半は両チーム無得点で折り返す。

 後半、試合を動かしたのはアウェーのアトレティコ。56分、ゴール中央やや右でジエゴがボールを受けると、ペナルティエリア外、ゴール45度の位置で右足を振り抜き、強烈なシュートがネットを揺らし、先制に成功した。

 ホームで先制点を許したバルセロナだが71分、イニエスタがペナルティエリア内左に右足アウトサイドでスルーパスを送ると、ネイマールが右足でゴール右へ決め、同点とする。3分後にはイニエスタのミドルシュートがゴール右を襲うが、GKティボー・クルトワが右手1本ではじき出した。バルセロナは逆転を目指して押し込むも、スコアは動かず1-1の引き分けに終わった。

 準々決勝セカンドレグは9日、アトレティコのホームで行われる。

【スコア】
バルセロナ 1-1 アトレティコ・マドリード
【得点者】
56分 ジエゴ(アトレティコ・マドリード
71分 ネイマールバルセロナ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO