FOLLOW US

ヘセの負傷を悲しむC・ロナウド「彼の抜けた穴は大きい」

C・ロナウド(右)がシャルケ戦後にコメントした [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグが18日に行われ、レアル・マドリードと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦。3-1でレアル・マドリードが勝利を収め、2連勝で準々決勝進出を決めた。なお、内田は負傷のために欠場した。

 試合後、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、今後の展望を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。クリスティアーノ・ロナウドは2得点を決めた。

 レアル・マドリードは、スペイン人FWヘセ・ロドリゲスが開始早々に負傷して途中交代、試合後に右ひざの前十字じん帯断裂と診断された。クリスティアーノ・ロナウドは、ヘセの負傷について、「とても残念なニュースだ。かなり長い間、戦列を退くことになるだろう。ここまで、ヘセのチームへの貢献はとても大きかったよ。自分のやるべきことを見事にこなして、ゴールも決めていた。だから、けがの知らせを聞いて、とても悲しい。彼の抜けた穴は大きいね」と、話した。

 そして、自身の状態については、「僕は常に試合に出たい。調子は良いと感じている。こうしたことを決める役目の(カルロ・アンチェロッティ)監督が、僕が出たほうが良いと判断したわけだからね」と、コメント。「結果として、とてもうまくいったよ。僕は2ゴールを決めて、勝利に貢献できた。チームがこの好調を維持していくために、とても重要だった勝利だ。これからもこの道を進んでいかないとね。この後の数試合でどうなるか、今から楽しみだよ」と、今後を見据えた。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA