2014.03.20

ゼニトを称えるドルトムント指揮官「大胆なプレーを見せていた」

クロップ
ドルトムントを率いるクロップ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督が、19日に行われたゼニト・サンクトペテルブルクとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグについて言及した。『UEFA.com』が伝えている。

 ドルトムントはホームで行われたセカンドレグで1-2と敗れたが、ファーストレグを4-2で制していたため、2戦合計5-4でベスト8進出を果たした。

 クロップ監督は「ゼニトは質の高いチームだ。どんな相手に対しても問題を引き起こすことができる。ファーストレグの結果を受け、彼らはリスクを冒す必要があった。かなり大胆なプレーを見せていた」とコメント。苦しい戦いを強いられたことを明かした。

 その一方で、クロップ監督は「ドルトムントの選手たちは準々決勝進出に値していた」と主張。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦突破に満足感を示していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る