2014.03.19

レアルが内田欠場シャルケに連勝でCL8強進出…C・ロナウド2発

ドリブル突破を図るC・ロナウド(右から2番目) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグが18日に行われ、レアル・マドリードと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦。内田は負傷のために欠場した。

 ファーストレグは、レアル・マドリードが敵地で6-1と先勝。セカンドレグも、ホームのレアル・マドリードが攻勢をかけた。8分に、ヘセ・ロドリゲスが負傷してギャレス・ベイルが投入されたが、21分に先制点を挙げた。中央のアルバロ・モラタから右サイドに展開。ボールを受けたベイルがグラウンダーのクロスを入れると、最後はゴール前に走り込んだクリスティアーノ・ロナウドが押し込んだ。

 均衡を破ると、28分にもレアル・マドリードが決定機を掴む。ベイルが右サイドを抜け出してクロスを供給。ゴール前でモラタが右足で合わせたが、シュートはゴール脇に外れた。

 ところが、レアル・マドリードも31分に失点。シャルケのティム・ホークラントにドリブルで持ち上がられてミドルシュートを打たれると、ボールはブロックに入ったセルヒオ・ラモスの足に当たり、ゴールに吸い込まれた。追いつかれると、40分にもクラース・ヤン・フンテラールに抜け出されてピンチに陥ったが、シュートがわずかにゴール脇に外れて、失点は免れた。

 同点のまま後半を迎えると、52分にクリスティアーノ・ロナウドが決定的なヘディングシュートを放ったが、GKラルフ・フェールマンの好セーブに弾き出された。57分にも、カウンターからイスコがクリスティアーノ・ロナウドからのパスを受けて絶好機を迎えたが、再びGKの好守に阻まれた。

 勝ち越し点が生まれない時間帯が続いたが、74分にレアル・マドリードがついに2点目を挙げた。中盤から、クリスティアーノ・ロナウドが一気にドリブルシュートでゴールを陥れた。再びリードを得ると、75分にも相手のパスミスを奪い波状攻撃。最後はベイルのアシストからモラタがチーム3点目をマークした。

 レアル・マドリードは、82分にもクリスティアーノ・ロナウドがポスト直撃のシュートを放つなど、終始シャルケを圧倒した。3-1と快勝を収めて、2連勝。2試合合計スコアでも、9-2と大きく上回り、ベスト8進出を決めた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る