FOLLOW US

小林祐希所属のベフェレン、裁判所が降格を無効に…1試合残してシーズン打ち切り

BASが小林所属ベフェレンの残留を支持 [写真]=Getty Images

 ベルギーのスポーツ仲裁裁判所(BAS)は9日、1部プロ・リーグの2019-20シーズン打ち切りによって降格が決定したワースラント・ベフェレンの1部残留を支持した。9日、ベルギーメディア『Sport/Voetbalmagazine』が伝えた。

 プロ・リーグは4月2日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、欧州各国リーグに先駆けてリーグ戦の打ち切りを発表。しかし、リーグ総会での最終投票は延期を繰り返し、5月15日に行われた会議で正式に打ち切りが承認された。

 最終順位は、全16クラブがレギュラーシーズンの29試合(全30試合)を消化していた中断時点の勝ち点に基づいて決められた。首位クラブ・ブルージュは通算16回目の優勝とチャンピオンズリーグ(CL)本戦出場が決定。MF小林祐希が所属するベフェレンは、勝ち点「20」の最下位だったため、2部降格が決定した。一方、2部プロキシマス・リーグからは、前期首位のOHルーヴェンと後期首位のベールスホットによるプレーオフの勝者(8月2日にセカンドレグ開催予定)が2020-21シーズンの1部に昇格することになった。

 しかし、ベフェレンと15位オーステンデの勝ち点差は「2」だったため、レギュラーシーズンの最終節で両チームの順位が逆転する可能性も残されていた。ベフェレンは地元の法律当局とBASに、シーズン打ち切りに対する異議申し立てを行った。地元当局は申し立てを却下したが、BASはベフェレンの異議を受け入れ、同クラブの降格を無効とする判断を下した。

 ベフェレンの弁護士を務めるトム・ロンボウツ氏は、「BASはシーズン打ち切りの決定は『明らかに不合理』であり、プロ・リーグは1部と2部の扱いが異なる正当な根拠を示していないと述べています。1部はシーズンが打ち切られ、ワースラント・ベフェレンの降格が決定しましたが、2部は引き続き昇格プレーオフが行われています。なぜOHルーヴェンとベールスホットは昇格のために争い、ベフェレンは残留のために戦うことが出来ないのでしょうか? ベフェレンは事実上、もはや降格することはありえません」とコメントした。

 BASがベフェレンの降格無効を発表したのは、プロ・リーグが2020-21シーズンの日程表を発表した数時間後のこと。新シーズンは8月9日から開幕予定だが、ベフェレンが1部残留となる場合、カレンダーやチーム数の見直しを行う必要がある。プロ・リーグは9日、「10日の理事会後にBASの判決に反応します」と公式声明を発表している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA