2018.11.11

4.商売上手なクラブはいくらの利益を出してる? ベスト11を組んで検証してみた![リヨン編]

[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 冬の移籍市場に向けて、買い上手、売り上手のクラブをおさらいする全11回のシリーズ。第4回はフランスのリヨン編をお届けする。

 レアル・マドリードの“新・7番”として巣立っていったマリアーノ・ディアスが、直近では1番の大型移籍といえるだろう。ただ、このチームで特筆すべきは育成力だ。まずは、以下のベスト11を見てほしい。

下部組織出身選手が多い4-4-2

 この中でアレクサンドル・ラカゼット、カリム・ベンゼマ、コランタン・トリッソ、サミュエル・ユムティティはいずれも下部組織出身の選手たち。当然、獲得に大金は必要なく、しかもビッグクラブが超高額で買い取ったため、莫大な利益につながっている。

金額は『Transfermarkt.de』を参照。(日本円は11月11日時点のレートで換算)
写真=ゲッティイメージズ

アレクサンドル・ラカゼット


2009年、リヨンBチームからトップ昇格。

2017年、リヨンからアーセナルへ移籍。
移籍金:5300万ユーロ

収支:+5300万ユーロ

 

カリム・ベンゼマ


2005年、リヨンU-19からトップ昇格。

2009年、リヨンからレアル・マドリードへ移籍。
移籍金:3500万ユーロ

収支:+3500万ユーロ

 

マリアーノ・ディアス


2016年、レアル・マドリードBチームからトップ昇格。

2017年、レアル・マドリードからリヨンへ移籍。
移籍金:800万ユーロ

2018年、リヨンからレアル・マドリードに復帰。
移籍金:2150万ユーロ

収支:+1350万ユーロ

 

コランタン・トリッソ


2014年、リヨンBチームからトップ昇格。

2017年、リヨンからバイエルン・ミュンヘンへ移籍。
移籍金:4150万ユーロ

収支:+4150万ユーロ

 

マハマドゥ・ディアッラ


2002年、フィテッセからリヨンに加入。
移籍金:390万ユーロ

2006年、リヨンからレアル・マドリードへ移籍。
推定移籍金:2600万ユーロ

収支:+2210万ユーロ

 

マイケル・エッシェン


2003年、バスティアからリヨンに加入。
移籍金:1170万ユーロ

2005年、リヨンからチェルシーへ移籍。
推定移籍金:3800万ユーロ

収支:+2630万ユーロ

 

エリック・アビダル


2004年、リールからリヨンに加入。
移籍金:850万ユーロ

2007年、リヨンからバルセロナへ移籍。
移籍金:1500万ユーロ

収支:+650万ユーロ

 

サミュエル・ユムティティ


2011年、リヨンBチームからトップ昇格。

2016年、リヨンからバルセロナへ移籍。
移籍金:2500万ユーロ

収支:+2500万ユーロ

 

エマヌエル・マンマナ


2016年、リーベル・プレートからリヨンに加入。
移籍金:850万ユーロ

2017年、リヨンからゼニトへ移籍。
移籍金:1600万ユーロ

収支:+750万ユーロ

 

ジェレミー・ピエ


2009年、リヨンBチームからトップ昇格。

2012年、リヨンからニースへ移籍。
移籍金:300万ユーロ

収支:+300万ユーロ

 

ウーゴ・ロリス


2008年、ニースからリヨンに加入。
移籍金:850万ユーロ

2012年、リヨンからトッテナムへ移籍。
移籍金:1260万ユーロ

収支:+410万ユーロ

 

合計収支:2億3750万ユーロ(約306億円)

11月11日のベスト11のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング