2018.11.11

11.商売上手なクラブはいくらの利益を出してる? ベスト11を組んで検証してみた![モナコ編]

[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 冬の移籍市場に向けて、買い上手、売り上手のクラブをおさらいする全11回のシリーズ。最終回はモナコ編をお届けする。

「安く買って高く売る」はもちろん、「高く買ってもっと高く売る」ことができるチームだ。ハメス・ロドリゲスやベルナルド・シルヴァ、ベンジャミン・メンディは、いずれも安くない金額で獲得した選手たちだが、放出する際は赤字どころか大きな利益に変えてきた。そして、何といってもキリアン・ムバッペのビッグディールがすさまじい。一昨シーズンのチャンピオンズリーグでチームをベスト4へ導くと、18歳(当時)という若さも相まって市場価値が急騰。2017年のレンタル移籍、2018年の完全移籍を経て、1億8000万ユーロ(約232億円)をクラブにもたらした。

 そんな移籍市場の主役たちで構成したベスト11がこちら!

ムバッペを1トップに置いた4-2-3-1

 収支の高さを優先して選んだ11人だが、見ての通り強力なラインナップが完成した。そして、各選手のモナコ加入時と移籍時の詳細は以下の通り。

金額は『Transfermarkt.de』を参照。(日本円は11月11日時点のレートで換算)
写真=ゲッティイメージズ

キリアン・ムバッペ


2016年、モナコU-19からトップ昇格。
2017年、モナコからパリ・サンジェルマンへレンタル移籍
移籍金:4500万ユーロ

2018年、レンタル移籍が終了しモナコに復帰後、パリ・サンジェルマンへ完全移籍。
移籍金:1億3500万ユーロ

収支:+1億8000万ユーロ

 

トマ・レマル


2015年、カーンからモナコに加入。
移籍金:600万ユーロ

2018年、モナコからアトレティコ・マドリードへ移籍。
移籍金:7000万ユーロ

収支:+6400万ユーロ

 

ハメス・ロドリゲス


2013年、ポルトからモナコに加入。
移籍金:4500万ユーロ

2014年、モナコからレアル・マドリードへ移籍。
移籍金:7500万ユーロ

収支:+3000万ユーロ

 

ベルナルド・シルヴァ


2015年、ベンフィカからモナコに加入。
移籍金:1575万ユーロ

2017年、モナコからマンチェスター・Cへ移籍。
移籍金:5000万ユーロ

収支:+3425万ユーロ

 

テイエム・バカヨコ


2014年、レンヌからモナコに加入。
移籍金:800万ユーロ

2017年、モナコからチェルシーへ移籍。
移籍金:4000万ユーロ

収支:+3200万ユーロ

 

ファビーニョ


2015年、リオ・アヴェからモナコに加入。
移籍金:600万ユーロ

2018年、モナコからリヴァプールへ移籍。
移籍金:4500万ユーロ

収支:+3900万ユーロ

 

ベンジャミン・メンディ


2016年、マルセイユからモナコに加入。
移籍金:1300万ユーロ

2017年、モナコからマンチェスター・Cへ移籍。
移籍金:5750万ユーロ

収支:+4450万ユーロ

 

テレンス・コンゴロ


2017年、フェイエノールトからモナコに加入。
移籍金:1500万ユーロ

2018年、モナコからハダーズフィールドへ移籍。
移籍金:2000万ユーロ

収支:+500万ユーロ

 

アイメン・アブデヌール


2014年、トゥールーズからモナコに加入。
移籍金:1300万ユーロ

2015年、モナコからバレンシアへ移籍。
移籍金:2200万ユーロ

収支:+900万ユーロ

 

マイコン


2004年、クルゼイロからモナコに加入。
移籍金:300万ユーロ

2006年、モナコからインテルへ移籍。
移籍金:680万ユーロ

収支:+380万ユーロ

 

ステファヌ・リュフィエ


2005年、モナコBチームからトップ昇格。
2011年、モナコからサンテティエンヌへ移籍。
移籍金:300万ユーロ

収支:+300万ユーロ

 

合計収支:+4億4755万ユーロ(約581億円)

11月11日のベスト11のバックナンバー

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る