2017.11.28

ヘディングは健康に被害を及ぼすのか…FAが来年1月から調査を開始

ヘディング
ヘディングは健康を害するものなのか [写真]=Action Plus via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランドサッカー協会(FA)は来年1月から、サッカーのヘディングが脳に及ぼす影響について研究を始める。イギリスメディア『BBC』が23日に報じた。

 同研究を開始するきっかけとなったのが、かつてイングランド代表にも選出されていたジェフ・アストルという人物だ。ウェスト・ブロムウィッチなどで活躍していたアストルは2002年に59歳の若さで他界しており、頭部外傷が死亡原因だと担当医によって発表されていた。ウィリー・スチュワート博士は「ヘディングの影響が、長期的な健康に影響を与えるものであるかを調べる必要がある」と、頭を使うサッカーのプレーを疑問視し、レポート内で言及した。

 2015年、FAに因果関係を解明する必要性を訴え続けてきたアストル氏の遺族は「ヘディング脳」の調査や教育、治療を目的とした「ジェフ・アストル協会」を設立しており、今回コメントを残している。

「今まで明らかにされていなかったものが公表されることを望んでいる。私たちはまだ怒りを感じているんだ。私の父が死んでから16年たっているのに、研究が始まるのは18年。その間になくなった選手もいるはずだ」

 痴呆症も患っていたというアストルは現役時代に重い革製のボールを使ってプレーしており、そのボールが頭及び脳に損傷を与えていたという。その後FAとイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)による調査で技術的な欠陥があることが判明し、革製のボールは禁止された。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る