2015.02.20

なぜレアル・マドリードはピンク色のユニフォームでCLシャルケ戦に挑んだのか?

レアル・マドリード
CLシャルケ戦でレアルはピンク色ユニフォームを着用してプレーした [写真]=Getty Images

 内田篤人のあまりにも惜しいシュートも見られた、18日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のシャルケ対レアル・マドリード戦。

 連覇を目指すレアルが敵地で2-0と勝利したが、この試合でレアルが着用したユニフォームはちょっと意外なものであった。

 そう、ピンク色のユニフォームでこの大一番に挑んでいたのだ。

 このユニフォームはレアルのセカンドユニフォーム。ピンク色を基調とするデザインは史上初のこと(レッドはある)。やはりレアルのユニフォームといえば白色というイメージが強いはずだ。

 さて、そんなレアルといえば今シーズン、もう一つ話題となっていたユニフォームがあった。

 日本人のファッションデザイナー、山本耀司氏がデザインしたCL用のキットだ。このユニフォームには大きなドラゴンがあしらわれており、その斬新なデザインが話題になっていた。

 CL用のキットということで、今回のアウェイでのシャルケ戦も本来であればこちらのユニフォームが優先されたはずである。ではなぜレアルは、あえてピンク色のユニフォームで試合に臨んだのだろうか?

 スペインの『AS』によれば、UEFAの判断によるものだという。

 どうやらUEFAはシャルケのホームユニフォーム(ブルーを基調)とブラックのこのユニフォームは混同する可能性があると判断したようで、レアルのブラックユニフォームの着用を認めなかったそうだ。

 レアルにとって、このピンク色のユニフォームを着用するのは昨年8月31日ぶり、2度目のこと。

 しかしこの試合、ソシエダ相手に2-4で敗れている。しかも2-0のリードから立て続けに4点を奪われるという悲惨な負け方をしており、以来、1度たりとものこのデザインのユニフォームを着用してこなかったようだ。要は、縁起が悪いと判断したのであろう。

 結果的にマドリードは、敵地で貴重なアウェイゴール2点をゲットし、準々決勝進出に大きく近づいた。これで呪縛のようなものを払しょくできただろうか? なおこのユニフォーム、プレシーズンでは結構売れたらしい。

 ちなみにマドリード、今シーズンのCLのグループステージでは6試合中5試合でホームキットであるホワイトのユニフォームを着用。残りの1試合である第2節アウェイでのルドゴレツ戦では、ブラックのCL用ユニフォームを着ていた。

 ルドゴレツのユニフォームはグリーンが基調。シャルケ戦どうようグリーンと黒のほうが混同しそうだが、このあたりの基準はUEFA特有のものなのだろうか……。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る