FOLLOW US

今夏の補強が目立つエヴァートン…若手3選手の獲得へ動くか

エヴァートンが獲得に乗り出したとされるマンチェスター・UのMFトム・クレバリー [写真]=Getty Images

 エヴァートンは、今夏の移籍市場が閉幕するまでに、マンチェスター・Uのイングランド代表MFトム・クレバリー、チェルシーのガーナ代表MFクリスティアン・アツ、モナコのコートジボワール代表FWラシナ・トラオレの獲得に動く可能性があるようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 エヴァートンは今夏、元イングランド代表MFギャレス・バリーとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFムハメド・ベシッチ、U-19イングランド代表DFブレンダン・ガロウェイの3選手を獲得。さらに先月30日には、クラブ史上最高額となる2800万ポンド(約48億7000万円)の移籍金でチェルシーからベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得するなど、今夏の移籍市場において積極的な動きを見せている。しかし、新シーズンに向けた補強はまだまだ続きそうだ。

 『デイリー・メール』によると、エヴァートンを率いるロベルト・マルティネス監督は、ウィガン時代に指導したクレバリーの獲得をクラブにリクエストしたと伝えられている。現在、ルイス・ファン・ハール新監督の下、余剰人員の整理を行っているマンチェスター・Uのなかで、クレバリーは有力な放出候補と目されており、800万ポンド(約13億8000万円)前後の金額でグディソン・パーク行きが決定するのではないかと推察している。

 また、アツとL・トラオレに関しては、いずれもレンタル移籍での獲得を目指しているようだ。

 アツは今夏にレンタル先のフィテッセからチェルシーに復帰したものの、分厚い選手層を誇る同クラブで出場機会を得ることは難しく、新シーズンも武者修行に出される可能性が高い。そのため、獲得できる可能性は十分にあると見られている。L・トラオレに関しては、今年1月にレンタルで加入していた縁もあり、再びレンタルでの獲得を打診している模様。しかし、モナコはコロンビア代表FWラダメル・ファルカオにレアル・マドリードへの移籍の可能性が浮上しており、L・トラオレの加入はファルカオの去就次第と言えそうだ。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA