2014.06.29

ベルギー代表のヴァンデン・ボーレ負傷でW杯離脱が決定

ヴァンデン・ボーレ
韓国戦で左足を負傷したヴァンデン・ボーレ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節の韓国戦で負傷したベルギー代表DFアントニー・ヴァンデン・ボーレはW杯を離脱することとなった。

 韓国戦で、相手の激しいタックルで負傷を負ったヴァンデン・ボーレは、フル出場したものの、左足首はかなり腫れており、精密検査の結果、腓骨にひびが入っていることが判明。W杯期間中の回復が見込めないと診断されたため、離脱が決定した。

 ベルギー代表のマルク・ヴィルモッツ監督は、自身のツイッターで、「アントニー(ヴァンデン・ボーレ)はこの大会でもうプレーすることはできないだろう。しかし、最後までチームには帯同する」とつぶやいている。

 ヴァンデン・ボーレはグループリーグ第3節の韓国戦でW杯初出場を果たしていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る