2014.05.29

ベルギー代表ヴィルモッツ監督、親善試合大勝も「私は完璧主義者だ」

ヴィルモッツ監督
ベルギー代表を率いるヴィルモッツ監督 [写真]=Getty Images

 26日に行われた親善試合でベルギー代表はルクセンブルク代表に5ー1で大勝したが、指揮官のマルク・ヴィルモッツは前半のプレーに苦言を呈した。ベルギー紙『DH』が伝えている。

「私は完璧主義者だ」という台詞を試合後の記者会見で何度もヴィルモッツ監督は、

「決定機の数や結果については満足している。しかし、前半は全く良くなかった。相手にスペースを与え過ぎていたし、プレーが軽かった。軽いプレーは、笑って済ませられることではない。ルクセンブルクに2度の決定機を与えてしまった。中盤でのプレッシャーが弱かったからだ。中盤はチームの心臓であり、カギを握るポジションだ。さらに上のレベルのチームとの対戦であれば、このようなミスは高い代償となる」

 一方で、この試合でハットトリックを達成したロメル・ルカクについては満足の意を示している。

「ロメル(ルカク)がこのようなプレーができると信じていた。そして、ストライカーにとっては、ゴールを決めることが一番だと思う。ボールの受け方やチームプレーの部分で彼は非常に成長した。ロメルについての話題が多いのは、決定力不足がチームにもロメルにもあるからだ」

 ベルギーは1日にスウェーデン代表、7日にチュニジア代表、12日にアメリカ代表と親善試合を行う予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る