FOLLOW US

ファレルがチョイス、アディダスが過去展開した5クラブユニが再構築されて発売

 アディダスがサプライヤーを務めるアーセナル、バイエルン、マンチェスター・U、ユヴェントス、レアル・マドリードの5クラブが過去に展開したユニフォームの中から、アーティストのファレル・ウィリアムスがベースを選定。各ユニフォームのアイコニックなデザインを継承し、クリエイティブで個性的に再構築した「HUMAN RACE COLLECTION」が発売となる。

 以下、リリースの通り。

ARSENAL FC HUMAN RACE COLLECTION -アーセナルFC ヒューマンレース コレクション-

1992~93年に着用され、ファンから“傷んだバナナ”と呼ばれ話題となったアイコニックなデザインが手描きデザインで登場。そのデザインは、象徴的なアイコンとして世界的に親しまれてきた。ファンの目にアーセナルの「A」として映った特徴的なジグザグラインは、80年代後半のアシッドハウスに影響を受けたグラフィック。アーセナルが1993年に悲願の国内カップ二冠を達成したときに着用していたユニフォームとしても、人々の記憶に刻まれている。クラブのプライドとカルチャー、ストリートスタイルの融合から生まれたユニフォーム。

REAL MADRID HUMAN RACE COLLECTION -レアル・マドリード ヒューマンレース コレクション-

2014~15年に山本耀司氏がデザインしたアイコニックなドラゴンユニフォームを、21世紀のフィルターを通して手描きのデザインで再構築。ドラゴンと鳥の姿をした伝説上の生き物が、決意と偉大さ、機敏さを象徴している。スポーツからカルチャーへ、カルチャーからスポーツへ、相互のエッセンスを共鳴させたデザイン。スタイルと現代のビジョンを表現する、Human Raceコレクション。

JUVENTUS FC HUMAN RACE COLLECTION -ユヴェントスFC ヒューマンレース コレクション-

現代のストリートシーンに向けて、2015~16年に着用したピンク色のユニフォームを、手描きのデザインで再構築。このアイコニックなユニフォームは、ユヴェントス創設初期のユニフォームに使用していたビビッドなツインピンクを、コンテンポラリーなデザインに一新したもの。2015年、ヒップホップ界の大物スターたちが、ユヴェントスFCのピンクのユニフォームを着用したことで、ヒップホップとサッカーという異なる2つの世界が交錯し始める。UEFAチャンピオンズリーグを制覇したユヴェントスが、同シーズンに国内3冠を達成したときに着用していたのも、ピンクのユニフォーム。スポーツとファッション、そして21世紀のビジョンが重なり合ったHuman Raceコレクション。

FC BAYERN MUNICH HUMAN RACE COLLECTION -FCバイエルン・ミュンヘン ヒューマンレース コレクション-

1991~93年に着用されたアイコニックな赤いホームユニフォームを、手描きのデザインで再構築。FCバイエルン・ミュンヘンの91-93シーズンユニフォームは、 肩とショーツにプリントされたボールドのスリーストライプスが目を引くデザイン。サッカーアイテムのアイコンとなり、adidasのデザインの新時代を切り開いた。スポーツとファッション、アートの調和を象徴するユニフォーム。

MANCHESTER UNITED FC HUMAN RACE COLLECTION -マンチェスター・ユナイテッドFC ヒューマンレース コレクション-

青と白のスノーフレーク柄からインスピレーションを得て、1990~92年のアウェイユニフォームを手書きで再構築。80年代後期のアシッドハウス時代に作られたスノーフレークデザインのユニフォームは、クラブの歴史を明確に映し出す。このユニフォームは、リーグカップにて6対2でアーセナルに勝利した象徴的な一戦で着用されていたもの。プライドと勝利、そして、ストリートスタイルの融合を、「M」の文字のレイヤーデザインとグレインエフェクトを効かせたプリントで表現。

イニゴ・ターナー(adidas デザイナー)
「ファレル・ウィリアムスがベースに選んだこれらのユニフォームは、30年にわたり親しまれているアイコニックなデザインです。キャンバスやコットンのTシャツに手描きされたデザインをもとに、アートとサイエンスを融合させたコレクションとして展開します」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA