FOLLOW US

DAZNが新たに200以上の国と地域でサービスを開始

[写真]=DAZN

 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」が、新たに200以上の国と地域でサービスを展開することを決定した。現地時間5月2日(土)に行われる予定のカネロこと、サウル・アルバレス選手の一戦を皮切りに、ボクシングコンテンツをメインにサービスを開始する。

 DAZNは、いつでもどこでも、好きなだけスポーツを観られる定額制サービスとして2016年にローンチ。世界に先駆けて日本、ドイツ、オーストリア、スイスでサービスを開始し、現在はカナダ、イタリア、アメリカ、スペイン、ブラジルを加えた9カ国で数多くのスポーツコンテンツを提供している。そしてこの度、世界をリードしていくスポーツメディアとしてさらに規模を拡大するべく、新たに200以上の国と地域でサービスを提供していくことを決定した。

 まず最初に、近年アメリカ市場において注力しているボクシングをメインコンテンツとして展開する。2018年5月にマッチルーム・ボクシング(Matchroom Boxing)、同年10月にゴールデンボーイ・プロモーションズ(GOLDEN BOY PROMOTIONS)、2019年3月にGGGプロモーションズ(GGG Promotions)とDAZNはパートナーシップを結んでおり、サウル・アルバレス選手やゲンナディ・ゴロフキン選手といった輝かしい功績を持つ選手たちの試合を世界に向けて配信する予定。加えて、ライブ中継だけではないオリジナルコンテンツを届けるために、既に各マーケットで配信していたボクシング選手や、サッカー界の選手や監督の素顔に迫るドキュメンタリーシリーズの展開を予定している。

 DAZN全マーケットの責任者の一人であるDAZN Group Executive Chairmanのジョン・スキッパー氏は、「今春より、世界のほぼすべての地域においてDAZNへのアクセスが可能となります。ボクシング界における世界的な人気を誇るファイターたちと、今後数年にわたり素晴らしいマッチメイキングに取り組んでいく予定です」とコメント。

 同じくDAZNのグローバルレベルのビジネスを統括するDAZN Executive Vice Presidentのジョー・マコウスキ氏は、「2016年のサービスローンチより、さらなるサービスの成長の足がかりとしてボクシングというコンテンツには非常に高いポテンシャルを感じていました。”新しいファイトスポーツの本拠地”としてボクシングコンテンツを充実させていくのは世界展開に向けた第一歩でしかありませんが、この記念すべきマイルストーンに伝統的な一戦であるアルバレス選手のシンコ・デ・マヨを放映できることを大変嬉しく思います」とコメントしている。

 DAZNは、今後もプレミアムなスポーツコンテンツを、お手軽に、すべてのスポーツファンに届けていく。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO