2017.12.25

中田英寿氏が「ふくしま大交流フェスタ」に登場。福島の日本酒の魅力を語る

サッカー総合情報サイト

 元日本代表の中田英寿氏が23日、東京国際フォーラムで行われた福島県のPRイベント「FUKU FES 2017―ふくしま大交流フェスタ」に出席。「福島の酒と福島の魅力」をテーマに内堀雅雄・県知事とスペシャル対談を行った。

 これまで全国300以上の酒蔵に足を運び、福島県内の20前後の酒蔵をめぐったという中田氏は、福島の日本酒の魅力について「全国的に見てもレベルが高いと思う。どちらかというと純米大吟醸のようなお酒よりも、食事の合間に飲む純米酒がすごく美味しいイメージがある」と話した。

 また、全国3番目の面積を誇る福島県の広大な国土にも言及し、「(県内の酒蔵を)車で回っていたのでその広さは痛感しました(笑)。福島のお酒には地域ごとの多様性がある。気候も違うし、水も違うので、浜通り、中通り、会津地方で味の方向性が違う」とその特徴を紹介した。

 福島の日本酒のPR方法に話題が及ぶと、「それぞれの蔵元にオススメの宿や食事がセットであると(県外から訪れる観光客にも)分かりやすい」と、温泉やご当地グルメをセットでPRすることを推奨した。

 会場には中田氏がプロデュースした福島21蔵元の日本酒が堪能できる「CRAFT SAKE DAY FUKUSHIMA」が1日限定でオープン。その他、市町村の販売ブースや体験コーナーが設けられ、大いに賑わっていた。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る