FOLLOW US

大宮の鈴木社長が胸中を激白「J1に昇格できなければ職を辞する」

大宮の鈴木茂社長 [写真]=兼子愼一郎

 大宮アルディージャの鈴木茂代表取締役社長が、4月24日に発売された雑誌『Jリーグサッカーキング/2015年6月号』内のインタビューで、約40年間にわたってクラブに携わる同社長ならではの思いやエピソードを打ち明けた。

 中でも、昨シーズンのアルディージャのJ2降格を受け、今シーズンへの決意は並々ならないものがある。

「クラブのトップまでもがあっさりと退いてしまったら、まったくゼロから出直すことになってしまう」、「NTT関東のサッカー部からスタートしたこのクラブとの関わりに悔いを残したくない」と社長職続投についての思いを口にした。

 さらに、「近年のクラブ史において最も重要な1年」と位置づける今シーズンへの覚悟を明かし、「責任者として『退路を断ってやります』とお話ししました。退路を断つということは、当然、J1に昇格できなければ職を辞するということです。その決意があって初めて、今シーズンも責任を持つことを認めていただくことができたと思っています」と、シーズン開幕前に行われたサポーターズミーティングでの発言にも改めて触れている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO