FOLLOW US

C大阪U-18がスーパープリンスリーグ関西を制覇。2-0で東海大仰星高校を下す

スーパープリンスリーグ関西を制覇したC大阪U-18[写真]=白井誠二

 高円宮杯 JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 関西は5日、Jグリーン堺で順位決定戦が行われ、Aグループ1位のセレッソ大阪U-18とBグループ1位の東海大学付属大阪仰星高等学校が「関西ナンバーワン」の座を懸けて雌雄を決した。

 どちらにとっても3年生の引退試合となるだけに、「負けられない」という思いが強い一戦。まずは東海大仰星がペースをつかむ。激しいプレッシングと縦に速い攻撃を繰り出し、C大阪U-18を自陣へと押し込む。CKやFKからも再三ゴールに迫るものの、決定力を欠いて先制点を奪うことができない。

球際では激しい攻防が展開された[写真]=白井誠二


 0-0で試合を折り返すと、C大阪U-18も徐々に攻撃を形作っていく。55分には左サイドのパス交換からゴール前の下川陽輝へとボールがわたり、落ち着いてフィニッシュ。鮮やかにゴールネットを揺らし、C大阪U-18がリードを奪う。

 10番を背負う近藤蔵波を投入し追加点を狙いにいくC大阪U-18。65分には小河詩朋が際どいオーバーヘッドシュートを放つ。このまま負けられない東海大仰星も、クロスやロングボールから迫力のある攻撃を見せるが、最後のところで精度を欠いてしまう。

 後半アディショナルタイムにはFKのこぼれを球を拾った東根輝季がロングシュートを沈めて勝利を決定づけたC大阪U-18。苦しみながらも2-0の勝利を飾り、関西ナンバーワンの座を勝ち取った。

 試合後、C大阪U-18の大熊裕司監督は「相手の時間帯の時にしっかり対応して失点しなかったことが大きい」と勝因を分析。

 C大阪U-18で最後の公式戦を戦った近藤は、「僕たちの代はぶつかり合うこともなく、みんな仲が良かった。それでも『やる時はやる』という感じで、最後もこうして結果を出すことができて良かった」と笑顔。スーパープリンスリーグ優勝を仲間と喜び合った。

トロフィーを手に喜ぶ選手たち[写真]=白井誠二

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO