2018.06.02

横浜FM、甲府、G大阪、湘南がホームで先勝…第2戦は6月9日/ルヴァン杯PO第1戦

ルヴァンカップ
ルヴァン杯PO第1戦が行われた [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 2018 JリーグYBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦が6月2日に各地で行われた。

 グループAを2位で通過した横浜F・マリノスは、グループDを首位通過したヴィッセル神戸をホームに迎えた。試合は8分、藤田直之のフリーキックをウェリントンが頭で合わせて神戸が先制するも、大津祐樹、仲川輝人のゴールで横浜FMが前半のうちに逆転に成功。後半に入って渡邉千真が同点ゴールを挙げるも、天野純、ウーゴ・ヴィエイラが立て続けに得点を沈め、4得点を奪った横浜FMが打ち合いを制した。

 明治安田生命J2リーグから唯一のプレーオフステージ出場チームであるヴァンフォーレ甲府は、グループCを1位で通過した浦和レッズと対戦。試合は37分、小塚和季のクロスを今津佑太が頭で沈め、甲府が先手を取る。51分には金園英学の落としから小塚が強烈なシュートを突き刺し、試合は2点差に。試合はこのままタイムアップし、甲府が本拠地で先勝した。

 グループCを2位で終えたガンバ大阪は、グループB首位通過のジュビロ磐田と対戦。試合は7分、長沢駿とのワンツーから抜け出したファン・ウィジョが落ち着いてシュートを流し込み、G大阪が先制。その後は磐田も同点を目指し攻め立てるも、得点を奪うことはできない。試合はこのまま終了し、G大阪が1点を守りきり勝利した。

 グループDを2位で通過した湘南ベルマーレは、グループAを首位で通過したベガルタ仙台と対戦。試合は15分に動く。岡本拓也のヘディングシュートを梅崎司が押し込み、湘南が先制に成功。1-0で折り返した後半、再び梅崎が得点を挙げ湘南が点差を2点に広げる。後半アディショナルタイムには岡本が左足で強烈なシュートを突き刺した。試合はこのまま終了し、湘南が本拠地で勝利を挙げた。

 結果は以下の通り。

■ルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦
横浜F・マリノス 4-2 ヴィッセル神戸
ヴァンフォーレ甲府 2-0 浦和レッズ
ガンバ大阪 1-0 ジュビロ磐田
湘南ベルマーレ 3-0 ベガルタ仙台

■ルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦対戦カード(6月9日)
14:00 神戸 vs 横浜FM(ノエスタ)
15:00 仙台 vs 湘南(ユアスタ)
16:00 浦和 vs 甲府(埼玉)
16:00 磐田 vs G大阪(ヤマハ)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る