2015.10.31

G大阪にリベンジ果たしたファン・ソッコ「悔しかった気持ちぶつけた」

ファン・ソッコ
決勝点を決めたファン・ソッコ(中央) [写真]=兼子愼一郎

 2015Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝が31日に行われ、鹿島アントラーズが3-0でガンバ大阪を破り、3年ぶり6度目の優勝を遂げた。試合後、鹿島のDFファン・ソッコが記者団の取材に応じた。

 貴重な先制点を挙げたファン・ソッコは、「ピッチで優勝の瞬間を味わえて最高の気分」と述べ、タイトル獲得の喜びを存分に味わっている様子。得点シーンについて「自分のマークは岩下(敬輔)選手だったと思うんですが、上手くマークを外せました。いいポイントにボールが来たので、あとは合わせるだけでした」と自らのポジショニングが上手くいったことに加え、アシストしたMF小笠原満男からいいボールが供給されたと振り返った。

 鹿島入団後、初ゴールが決勝点となったことには「本当に嬉しかった」と喜びを爆発させたファン・ソッコ。セットプレーは常にチーム全体で研究していると話し「次に入るタイミングだったり、ボールが来そうなポイントを予測したり。良いところに入れば必ず結果がついてくる」とセットプレーの重要性を語った。

 守備面でも日本代表FW宇佐美貴史やFWパトリックを擁するG大阪の強力攻撃陣を完封。最後まで相手に決定機を作らせなかった。練習からどのようにして攻めてくるかを想定し、相手の動きを常に頭に入れていたようで、「きっちりと抑えることができて、それが勝利につながったと思います」とゼロで抑えられたことが勝因の一つだと述べた。

 昨年はサンフレッチェ広島の一員として決勝進出を果たしたが、自身は決勝戦に出場できず、チームもG大阪に敗れていた。「個人的には、去年は決勝で自分がピッチに立てなかったので、その気持ちをぶつけたいという思いがありましたし、必ずゼロに抑えるという気持ちを90分持ち続けて戦いました」と強い気持ちを持って試合に臨んだことを明かした。

 昨年度の王者を下したことで自信を手に入れた鹿島。「クラブにとっても、このメンバーでタイトルを一つ取れたということは自信につながるので、残り2試合も油断せず、気を引き締めていきたい」とリーグ戦最終盤への意気込みを語った。

 鹿島は11月7日に行われる2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第16節で、横浜F・マリノスと対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る