2015.09.06

神戸、敗れるも2戦合計スコアで上回りクラブ史上初のナビスコ4強入り

 2015Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦が6日に行われ、ヴィッセル神戸と柏レイソルが対戦した。

 神戸は2日に行われた敵地での第1戦を2-0で先勝した。ホームでは勝利、引き分け、1点差以内の敗戦であれば、神戸の準決勝進出が決まる。一方、柏は最低でも2ゴールを奪っての勝利を収めなければならず、苦しい状況に追い込まれている。

 試合は序盤から一進一退の攻防が続くなか、アウェーに乗り込んだ柏が先制する。24分、神戸のパスミスをキム・チャンスがカットし、右サイドでフリーになっていたクリスティアーノへパス。クリスティアーノが低い位置からアーリークロスを供給すると、ファーサイドのエデルソンが頭で合わせた。

 更に直後の25分、ゴール前でパスを受けた工藤壮人がゴール前右のクリスティアーノへ横パスを出すと、クリスティアーノがダイレクトでミドルシュートを放つ。ここはわずかに枠の左に外れ、追加点とはならなかった。続く31分、左サイドを突破した山中亮輔がクロスを送ると、ファーサイドの工藤がヘディングシュートを決め、2試合合計スコアで追いつくことに成功した。

 ホームで嫌な流れを作られた神戸。34分、ゴール前の渡邉千真がエリア右にスルーパスを通すと、抜けだしたレアンドロがゴール左下に流し込み、2戦合計スコアで再び柏を突き放した。その後は両チームともにチャンスを作ったが、スコアは動くことなく2-1で柏がリードして前半終了を迎えた。

 後半立ち上がりの51分、柏が重要なゴールを奪う。左サイドで工藤、武富孝介、工藤とつなぎ、工藤が左足でクロスを上げる。これをファーサイドのクリスティアーノが頭で折り返し、中央のエデルソンが押し込んで3-1。アウェーゴール差で上回り、遂に柏がリードを奪った。

 リードを許した神戸は58分、ゴールほぼ正面でFKを獲得する。キッカーの森岡亮太が直接狙うと、壁に当たったボールがゴール左下に決まり、再び神戸がリードを奪った。

 再び攻めに出なくてはいけない柏。71分、左サイドの山中がグラウンダーのアーリークロスを送ると、エリア内の工藤が後ろに落とし、走りこんだ小林祐介がミドルシュート放った。しかし、ここはGK山本海人が好セーブを見せてゴールを割らせない。

 神戸は75分に石津大介と森岡を下げて、田中英雄と増山朝陽を投入。一方の柏は、78分に小林を下げて大津祐樹を投入した。

 柏は最後までゴールに迫ったがあと1点を奪うことができず、2-3のまま試合終了。この試合では敗れたが、神戸が2試合合計スコアを4-3としてクラブ史上初のヤマザキナビスコカップ準決勝進出を果たした。

 勝ち上がった神戸は、準決勝で鹿島アントラーズと対戦する。準決勝第1戦は10月7日に、第2戦は10月11日に行われる。

【スコア】
ヴィッセル神戸 2-3(2試合合計:4-3) 柏レイソル

【得点者】
0-1 24分 エデルソン(柏レイソル)
0-2 31分 工藤壮人(柏レイソル)
1-2 34分 レアンドロ(ヴィッセル神戸)
1-3 51分 エデルソン(柏レイソル)
2-3 58分 森岡亮太(ヴィッセル神戸)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る