2014.10.09

G大阪、宇佐美らの得点で川崎に勝利…ナビスコ杯決勝へ前進

 ヤマザキナビスコカップの準決勝ファーストレグが9日に行われ、ガンバ大阪と川崎フロンターレが対戦した。

 ホームのG大阪は宇佐美貴史や遠藤保仁、今野泰幸といったメンバーが先発。日本代表に合流している小林悠が不在の川崎は、大久保嘉人や大島僚太らがスタメンとなった。

 立ち上がり、敵陣で試合を進める川崎は4分、大久保がゴール正面からミドルシュートで狙うが、ポスト右にわずかに外れる。一方のG大阪は宇佐美を中心に攻撃を組み立てると16分、パトリックからのパスを受けた遠藤がペナルティエリア右へ速いパスを送り、受けた米倉恒貴がシュートをゴール左へ決め、G大阪が先制する。

 速い攻撃を見せるG大阪は28分、ゴール正面のやや左でボールを持った宇佐美が縦へのドリブルでエリア内に侵入すると、そのままシュートを決め、追加点を得る。

 後半に入って立ち上がりの49分、G大阪はカウンターからパトリックが右サイドを突破。そのままペナルティエリア右に侵入すると、GKとの1対1を制してチーム3点目を決めた。川崎は66分、相手のパスミスを拾った大久保がゴール正面やや左からシュートしたが、ゴール右へ。70分にもレナトがカウンターのドリブル突破からチャンスを作ったが、得点にはつながらない。

 第2戦に望みをつなぎたい川崎はアディショナルタイムの92分、左CKに田中裕介がヘディングで合わせて、1点を返して試合終了。G大阪が3-1で勝利した。川崎のホームで行われるセカンドレグは12日に行われる。

【スコア】
G大阪 3-1 川崎

【得点者】
1-0 16分 米倉恒貴(G大阪)
2-0 28分 宇佐美貴史(G大阪)
3-0 49分 パトリック(G大阪)
3-1 90+2分 田中裕介(川崎)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る