FOLLOW US

「ちょっと訂正を…」町田浩樹、イタリア移籍拒否報道を否定「グイグイ来られて」

2024.06.02

サッカー教室では積極的に子どもたちとコミュニケーションを図っていた町田

 JFA(日本サッカー協会)のサポーティングカンパニーである、株式会社みずほフィナンシャルグループは2日、『MIZUHO BLUE DREAMサッカー教室』を開催。小学生が参加する教室に日本代表MF遠藤航、同DF板倉滉、町田浩樹が参加し、子どもたちと交流した。

 イベント終了後、取材に応じた町田は、「日本の子どもたちと触れ合う機会はあまり多いことではないので、非常に有意義な時間でしたし、子どもたちも元気で、僕も楽しかったです」と、大きな声を出しながら、子どもたちと積極的にコミュニケーションを図っていたイベントを振り返った。

 今シーズンはロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズに加入して、初めてフルで戦った1年に。国内カップ戦を制したが、リーグ戦はレギュラーシーズンこそ首位だったものの、上位6クラブで行われるチャンピオンズプレーオフでクラブ・ブルッヘに逆転を許して2位で終えた。

 町田はプレーオフを含めたリーグ戦で31試合に出場。ヨーロッパリーグやカンファレンスリーグでも戦うなど、チームの主力として戦い抜いたが、「すごく充実していましたし、タイトルを一つ取れたことは最低限の結果を残したなと」と、振り返った。

 町田に関しては多くのクラブが獲得に関心を寄せているとこれまでに報じられているが、「もちろんサッカー選手をやっている以上、上へという気持ちがあるので、そこは目指していきたいです。ただ、まだ具体的なところはないので、これからいろいろと詰めていければと思います」と、今夏にステップアップとなる移籍をする可能性があると話した。

 一方で先日、現地メディアなどから「町田はイタリアへの移籍を望んでいないと話した」と報じられたが、町田はこれについて「イタリアがすごい嫌だ、みたいな感じで書かれていたんですけど(笑)、あれに関してはちょっと訂正したい」と言及。「カップ戦の後、イタリアの記者の方がいて、グイグイ来られて。すごいイタリアを推されたので、ちょっと(手のひらを相手に向ける、断るようなジェスチャー)こういう感じにしたんです」と、意図が歪曲されて伝わってしまったと本意を明かした。

 当時の取材でも希望のリーグなど具体的な名前は明かしていなかったようで、この日の取材も「特にここに行きたいというのはないです。ステップアップというか、今いるところよりはレベルアップできるところでやりたい」と続け、5大リーグを視野に入れていると続けている。

町田浩樹の関連記事

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING町田浩樹のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO