FOLLOW US

「五輪出場は最低限の目標」…U23日本代表キャプテンの藤田譲瑠チマ「狙うのはアジアの頂点」

2024.04.30

U-23日本代表のキャプテン・藤田譲瑠チマ(撮影は準々決勝カタール戦後) [写真]=2024 Asian Football Confederation (AFC)

 AFC U23アジアカップ カタール2024の準決勝が29日に行われ、U-23日本代表はU-23イラク代表に2-0で勝利した。試合後、キャプテンを務めるMF藤田譲瑠チマ(シント・トロイデン/ベルギー)がフラッシュインタビューに登場し、試合を振り返った。

 試合は序盤からU-23日本代表が主導権を握ると、28分には藤田の浮き球パスで抜け出したFW細谷真大(柏レイソル)が、巧みなターンから右足で先制弾を沈める。前半終了間際の42分には、DF大畑歩夢(浦和レッズ)の粘りから、ボックス手前で前を向いた藤田がダイレクトで繋ぎ、最後は荒木遼太郎(FC東京)が追加点を決めてみせた。

 後半に入るとU-23イラク代表が前への意識を強め、U-23日本代表としては難しい時間もあったが、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)を中心に無失点で凌ぎ切る。いくつかあったチャンスでトドメを刺すことはできなかったが、しっかりと2点のリードを守り切り、決勝進出が決定。8大会連続となる五輪出場を決めた。

 試合後、藤田は「オリンピックの出場権獲得は、自分たちにとって最低限の目標でした」とコメント。「それを達成できたのは嬉しく思いますが、自分たちが狙っているのはアジアの頂点です。次もしっかりと勝てるように、良い準備ができればなと思います」と、チームが目標として掲げている優勝へ照準を合わせた。

 パリオリンピック2024(パリ五輪)の出場権を懸けた準決勝というとこもあり、「タフなゲームになることはわかっていました。しっかりとした準備、気持ちの面でも相手に負けないように、強い気持ちで入ることを考えていました」と藤田。そのなかで、最終的にU-23日本代表が奪った2つのゴールはどちらも藤田が演出したものとなったが、2つのアシストシーンを次のような言葉で振り返った。

「1点目に関しては、真大があの動き出しをすることはずっと見ていたので、自分にチャンスがあったら狙おうとは思っていました。そのワンチャンスで、うまくパスを出せて良かったと思います。2点目に関しては荒木が良い動き出しをしてくれたので、自分はただ落とすだけでした。2人に感謝したいです」

 藤田はこの世代のチーム発足からコンスタントにメンバーに名を連ね、不動の主軸としてだけでなくキャプテンとしてもチームをけん引する存在だ。「本当にこのチームは強くなったと思いますが、まだまだ強くなれると思います。自分を中心に、もっとレベルを上げていければと思います」と、チーム全体としてさらなる成長を見据えるとともに、決勝へ向けては「いつも通り、自分たちは全力でプレーして、試合をコントロールできるように、アグレッシブなサッカーをできればと思います」と意気込んだ。

 勝利したU-23日本代表は現地時間5月3日、優勝を懸けてU-23ウズベキスタン代表と対戦する。試合は日本時間で3日の24:30(4日の0:30)キックオフ予定だ。

藤田譲瑠チマの関連記事

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
日本代表を応援!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING藤田譲瑠チマのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO