FOLLOW US

悔しさと自信を携えて…久保建英が次戦の活躍誓う「チャンスがあれば前半から結果を」

 日本代表MF久保建英が12月1日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループE第3節のスペイン代表戦を振り返り、次戦に向けた決意を口にした。

 右サイドのシャドーの位置で先発出場した久保は存在感を示すも、1点ビハインドで迎えたハーフタイムにMF堂安律と交代。その後半序盤に堂安とMF田中碧のゴールで逆転し、そのままリードを守って勝利を収めた。

 試合後、久保は「ドイツ戦とは違って前半はやれることはやれたと思いますし、何度かおしいシーンもあってスペインもカウンターを嫌がっていたと思います」と前半を振り返りつつ、自身の状態にも言及。「コンディションは良かったし、良いプレーをしていたと思うので、そういった意味ではドイツ戦よりも悔しかったですけど、次もありますし、次は前半で交代させられないように、出るチャンスがあれば前半のうちに結果を残すしかないのかなと思いました」と続け、決勝トーナメント進出を喜びつつ、次戦での活躍を誓った。

 同じく前半で交代となったドイツ戦に関しては、「僕のコンディションは良くなかったですね」と認めつつ、この日は「ボールが足元についていたし、(ボールを)取られる気がしなかったので、もっとオレのところにボールをくれと思っていた」と、良い状態であること強調。右サイドでのプレーには「代表だとあそこのでフィットしていると思いました」と語り、「さっきも言ったようにチャンスがあれば前半から結果を出すしかないのかなと思います」と、次戦のクロアチア代表戦に向けた気する思いを改めて口にした。

 決勝トーナメント・ベスト16は12月5日に行われ、グループ首位の日本代表は、グループFを2位で通過したクロアチア代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO