FOLLOW US

U21日本代表、オーストラリアに3発快勝! U23アジアカップを3位で終える

先制点を挙げた佐藤恵允 [写真]=AFC

 AFC U-23アジアカップウズベキスタン2022の3位決定戦が18日に行われ、U-21日本代表とU-23オーストラリア代表が対戦した。

 準決勝で開催国のウズベキスタンに敗れた日本は、新型コロナウイルス陽性による離脱者を複数抱えるなか、同試合からスタメンを7人変更。積極的に前線からプレスをかけていき、7分に幸先よく先制する。左サイドバックの内野貴史が送ったクロスは相手に跳ね返されるが、こぼれ球を佐藤恵允がペナルティエリア左で回収。相手を一人はがして左足を振り抜くと、強烈なシュートはクロスバーにも当たってゴールに吸い込まれた。

 23分、日本に決定機が到来。松木玖生の縦パスを受けた三戸舜介が相手を一人かわし、ペナルティエリア中央に侵入して左足一閃。シュートはクロスバーを叩いて惜しくも得点には至らない。

 日本はオーストラリアにボールを持たせながら、危険な位置にはボールを入れさせずに時計の針を進める。そして39分、セットプレーでリードを広げる。右コーナーキックから山本理仁がインスイングのボールを供給。ニアの味方は触れなかったが、ボックス中央に流れたボールが相手DFカイ・トレウィンに当たってゴールに吸い込まれた。

 日本は63分に3点目を奪取。ファイナルサードまでボールを運んだ半田陸がスルーパスを通し、抜け出した松木がペナルティエリア右から高速のクロスを供給。途中出場の藤尾翔太がこれに合わせて大会初得点を記録した。

 日本は交代枠を駆使しながら守備の強度と集中力を保ち続け、3点のリードを守り切って試合終了のホイッスルを迎えた。日本は3位で大会を終えた。

【スコア】
U-21日本代表 3-0 U-23オーストラリア代表

【得点者】
1-0 7分 佐藤恵允(日本)
2-0 39分 オウンゴール(日本)
3-0 63分 藤尾翔太(日本)

【スターティングメンバー】
日本(4-4-1-1)
鈴木 彩艶半田陸馬場晴也木村誠二、内野貴史(85分 加藤聖);三戸舜介山本理仁(69分 藤田譲瑠チマ)、松岡大起、佐藤恵允(85分 細谷真大);松木玖生(69分 鈴木唯人);中島大嘉(57分 藤尾翔太

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO