FOLLOW US

全2得点に絡んだ伊東純也がPOTM…謙虚な姿勢見せるも「毎試合ゴールに絡んでやろうと…」

3戦連発の伊東純也 [写真]=金田慎平

 日本代表FW伊東純也が、27日に行われたFIFAワールドカップ・カタール2022アジア最終予選の中国代表戦を終え、記者会見に臨んだ。

 伊東は前半、右サイドからクロスを供給しようとした際に相手のハンドを誘いPKを獲得。これが日本の先制ゴールに繋がった。さらに後半にはDF中山雄太のクロスにヘディングで合わせて自ら得点を決め、全2ゴールに絡みプレイヤー・オブ・ザ・マッチにも選出された。

 PKに繋がったシーンについて、伊東は「スペースが開いていたので走って、チップ気味に蹴って、ラッキーでしたが早い時間でとれてよかったです」とコメント。2点目は「(中山)雄太から良いボールが来たので、ふかさないように意識して、決めるだけでした」と振り返った。

 また、後半の入りについて「相手も守っていましたが、自分たちもチャンスを作っていました」とした上で、「前半で2、3点取れれば楽に進められたと思うので、そこは次への課題です」と攻撃面での課題を挙げた。

 3試合連続でのゴールとなった伊東だが、「得点を取るタイプではないので、自分でも驚いている感じです」と謙虚に応じつつも、「毎試合ゴールには絡んでやろうと思っています」と貪欲な姿勢ものぞかせた。

 ワールドカップ出場を確実なものにするためにも重要な次節サウジアラビア戦に向けては、「自分が決めたい気持ちもありますけど、チームが勝つことが優先です。ゴールに絡めるようにしたいですが、自分の特徴はアシストやチャンスメイクなので、そういうところを出していければいいかなと思います」とコメントしている。

 また、「今のフォーメーションになってから、試合数はまだこなしていないですが、距離感も良くなっていますし、チャンスも作れるようになってきているかなと思います」と少しずつ成果を実感している様子。後半途中からは4-2-3-1にフォーメーションを変えたが、「もともとやっていましたし、タケ(久保建英)が入って自由に動いている方がいいと思うので、人によってフォーメーションを変えていけることは自分たちのストロングポイントになるかなと思います」と続けている。

 日本代表は次節、2月1日にホームでサウジアラビア代表と戦う。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO