FOLLOW US

日本代表DF中谷進之介がW杯アジア最終予選のメンバー入りに意欲「変な言い方をするとチャンス」

日本代表候補合宿に参加しているDF中谷進之介 [写真]=野口岳彦

 日本代表候補合宿に参加しているDF中谷進之介(名古屋)が19日、オンライン取材に応じ、一部主力が不在となる可能性が高いアジア最終予選のメンバー入りに意欲を見せた。

 今回の合宿終了後、アジア最終予選の中国戦(27日)とサウジアラビア戦(2月1日)に向けた代表メンバーが発表されるものの、キャプテンを務めるDF吉田麻也(サンプドリア)が負傷の影響で招集外となる可能性が高く、DF冨安健洋(アーセナル)とコンビを組むことになる第3のセンターバックが注目を集めている。

 その候補のひとりが、所属クラブの名古屋で充実のシーズンを過ごし、今回の代表候補合宿にも名を連ねた中谷。吉田負傷の報を受け、「変な言い方をするとチャンスはチャンスなので、しっかり合宿でアピールして次の最終予選のメンバーに残れるように頑張りたい」と述べ、「センターバックの絶対的なレギュラーがケガをしていないので、そこに残っていくためにはこの合宿が大事」と決意を新たにした。

 また、その先にあるW杯という目標に関しても、「(現在の)自分の立場からW杯とは言いづらいですけど、グランパスで良い結果を残してチャンスがきたときに掴めるようにしたい。結果を残し続けることは意識したい」と述べ、言葉に力を込めた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO