FOLLOW US

日本、53年ぶりのメダル獲得ならず…メキシコに3失点敗戦で3位逃す

U-24日本代表とU-24メキシコ代表が対戦した [写真]=Getty Images

 東京オリンピック男子サッカー競技3位決定戦が6日に行われ、U-24日本代表とU-24メキシコ代表が対戦した。

 53年ぶりのメダル獲得に挑む日本はGKに谷晃生、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太を起用。遠藤航と田中碧がダブルボランチを組み、前線は右に堂安律、トップ下に久保建英、左に相馬勇紀、ワントップに林大地が入った。

[写真]=Getty Images

 試合は早い時間に動く。13分、遠藤がペナルティエリア内でアレクシス・ベガを倒してしまい、メキシコにPKが与えられる。このPKをセバスティアン・コルドバが冷静にゴール左に決め、メキシコが先制に成功した。さらに22分、メキシコは左サイドでFKを得ると、コルドバがゴール前へクロスを供給。走り込んだヨハン・バスケスがヘディングで合わせ、2点目が決まった。

[写真]=Getty Images

 2点ビハインドとなった日本は25分、久保のパスでエリア内左に抜け出した相馬がドリブルでの仕掛けから右足で狙ったが、シュートは枠の右へ外れた。

 後半に入り53分、日本は左サイドから遠藤が上げたクロスにゴール前の堂安が頭で合わせたが、シュートはバーの上を超えた。一方のメキシコは54分、ディエゴ・ライネスがドリブルで持ち上がり、エリア内左へラストパス。これを受けたコルドバが左足で狙ったが、ここはGK谷が好セーブで凌いだ。

 次の得点が生まれたのは58分。コルドバが蹴った左CKにベガがヘディングで合わせ、メキシコのリードが3点に広がった。

[写真]=Getty Images

 3点が必要な日本は63分、中山雄太と林大地を下げて、三笘薫と上田綺世をピッチへ送り出す。68分には三笘が長い距離をドリブルで持ち上がり中央にパスを通すと、これを受けた上田が右足で狙ったが、シュートはGKに阻まれた。

 その後も上田や三笘を中心に攻撃を仕掛けた日本は78分、エリア手前左で受けた三笘が鋭いキックフェイントでDFを抜き去り、最後はGKの頭上を抜くシュートを決めて1点を返した。

[写真]=Getty Images

 89分には右サイド深い位置からのFKで久保がマイナスのパスを選択。エリア手前で受けた旗手怜央が右足で狙ったが、シュートはわずかに左へ外れた。直後には三笘がドリブル突破から狙ったが、このシュートもゴール左へ。結局このまま1-3でタイムアップを迎え、日本は53年ぶりのメダル獲得とはならなかった。

【スコア】
U-24日本代表 1-3 U-24メキシコ代表

【得点者】
0-1 13分 セバスティアン・コルドバ(メキシコ/PK)
0-2 22分 ヨハン・バスケス(メキシコ)
0-3 58分 アレクシス・ベガ(メキシコ)
1-3 78分 三笘薫(日本)

【スターティングメンバー】
U-24日本代表
谷晃生;酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太(63分 三笘薫);遠藤航(80分 三好康児)、田中碧(71分 板倉滉);堂安律、久保建英、相馬勇紀(46分 旗手怜央);林大地(63分 上田綺世)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO