FOLLOW US

激戦区の2列目、三笘薫が生き残りへ「結果を出さないと落ちる」

三笘が取材に応じた [写真]=Getty Images

 日本代表MF三笘薫(川崎フロンターレ)がオンラインでの取材に応じた。

 7日には三笘と選手らの1対1が話題となった。自主練でオーバーエイジ(OA)枠の吉田麻也、酒井宏樹らとの1対1を行ったのだ。会見でそのことに質問が飛ぶと「いつもやっていて、(田中)碧が『やれば』と言ってくれて、僕もやりたかったので、『やりませんか』ということを言ってちょっとやった感じですね」と経緯を説明し、「本気は出していないと思うが、間合いや圧力はこれまでにないものがありましたし。試合を経験してきた選手なのでいろいろなところを吸収したいと思います」とOAの先輩とのマッチアップを振り返った。

 オリンピックに向けては残り1試合。同選手は「1試合しかないので、結果を残して勝利に貢献することが大事ですし、その上で自分のプレーを出せればと思います」と意気込みを語り、「結果を出さないと落ちると思っている」と激戦区の2列目で戦いポジション争いに勝ち残りたいとコメントしている。

「結果を出さないと落ちると思っていますし、本当にこの1試合に左右される立場と思っているのでプレッシャーをかけてやらないといけないし練習からアピールしないといけない。オリンピックに出る意思の大きさがプレーに現れてくると思うので、アピールしていきたいです」

「サイドの仕掛けの部分で何度も自分のミスで取られることがありましたし、サイドの選手なので、いけるかいけないか仕掛けることも必要だが、もっと自分でチャンスを作って、得点に関わりたいと思っています。守備の強度も求められるので、ボールを取るところも出していきたいです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO