FOLLOW US

OA加入で「間違いなく強くなっている」と手応えも…板倉が抱く危機感「そこに負けてちゃダメ」

U-24日本代表の板倉 [写真]=Getty Images

 7日、U-24日本代表MF板倉滉(フローニンゲン)がオンラインでの取材に応じた。

 今回のシリーズでここまでA代表として1試合、U-24代表として2試合を戦っている板倉は「日本に帰ってきて3試合やってますけど、いろんな部分でポジティブなことが見えてきていて、一戦一戦やるにつれてもっと良くなる実感もあります。前回(U-24ガーナ代表戦)は最初ベンチから見ていましたけど、流動的にチームも動いていましたし、もっと強くなれるという実感はあります」と手応えを口にした。

 東京オリンピックを目指す世代として初めて迎えたオーバーエイジ(OA)の選手については「まずはプレー面ですごく頼りになると感じます。経験を積んでいる選手たちなので、普段も積極的にコミュニケーションを取ってくれています。みんなにとって絡みやすい存在で、すごく良いなと思っています」とコメント。ただ、「コロナの制限で食事で喋れないこともあるので、ピッチ内でもっとコミュニケーションを取れればと思っていますし、自分はそこの間に上手く入っていければと思っています。OAの選手も気さくですし、国内組の選手にもどんどん絡んでいってほしいなと思っています」と、一部の選手に遠慮が見られることも明かした。

 そして5日のU-24ガーナ代表戦に揃って出場したOAの3選手の印象を問われると「(吉田)麻也くんはチームを第一に考えてくれているなと普段から感じます。(遠藤)航くんも(酒井)宏樹くんもそうですけど、よりチームが良い方向に行くように考えてくれているなと。味方が削られたら相手に注意しにいくことを率先してやってくれていましたし、本当にチームを第一にやってくれていると感じます」と語った。また、そのOAの選手と自身のポジションが重なることについて板倉は「このままだと試合に出られないと思っています。実際、麻也くんと航くんが同じポジションに入ってきてU-24ガーナ戦を見ても安定感があったので。でもそこに割って入っていく気ですし、そこに負けてちゃダメだと思うので、同じチームメイトですけど、負けないようにやらなければと思っています」と危機感も口にしている。

 OAを含めたチームづくりの面については「チームコンセプトはみんな理解していますし、OAの選手はみんなが知っている存在。長所や特徴は理解していると思うので、個人の認識にズレはないと思います。だからさらに良くなると思うし、OAの選手が入ってチームも間違いなく強くなっていると思うので、さらにコミュニケーションを取りながら細かいところも確認しながら、ジャマイカ戦を良いものにしていきたいと思います」と語り、12日に予定されている次戦に向けての意気込みも示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO