FOLLOW US

U24日本代表MF三笘、“海外組”との共演にも冷静「自分のレベルを測る良い機会」

U-24日本代表でトレーニングする三笘 [写真]=JFA

 U-24日本代表MF三笘薫(川崎フロンターレ)が23日、オンラインでの取材に応じた。

 同代表は、今月26日と29日に『SAISON CARD CUP 2021』でU-24アルゼンチン代表と2試合を戦う。昨シーズン新人ながらベストイレブンに輝く活躍で川崎Fの優勝に貢献し、今シーズンもここまでチームを牽引する三笘は「僕のプレースタイル的には、周りのサポートが無くても突破できる特徴があるので、そこを上手く発揮できればチームの力になれると思います。また、周りの選手のクオリティも高いので、その選手の特徴を理解して生かせるように、練習の中でコミュニケーションを取っていきたいです」と、自身にとって約1年ぶりとなる代表での活動について語った。

 また、今回は6名がメンバーに名を連ねた“海外組”の選手との共演については「一緒に練習や試合ができるのは良い機会ですし、自分のレベルを測る良い機会だと思います。アルゼンチンは強豪ですけど、上手く連携できれば違った力を生み出せるかなと。三好選手(アントワープ)や板倉選手(フローニンゲン)は昔から一緒にやっていましたし、連携も問題なくやれると思うので、チームワークも短期間で熟成させていければと思っています」と語った。

 東京オリンピックのメンバー18名への競争については「多くのポジションを高いレベルでできることは必要だと思いますし、今後代表としての試合は多くて6試合なので、その中でタフに高い強度でのプレーを示す必要もあります。そこは自分自身まだ足りないですし、徐々に上げていく必要があると思います」と、自身の課題も挙げながら語った。

 そして、注目が集まるMF久保建英(ヘタフェ)とのプレーについては「久保選手が小学生の時に、(川崎Fの)ジュニアユースとジュニアで一緒にプレーしたことはありますけど、小さくて上手かったなあという印象があります。その後も少し関わりはあったので、コミュニケーションは取りやすいです。また(久保も)前線のシャドーの選手なので、上手く連携していければ力になれるかなと思います」と、今後への手応えを口にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO