FOLLOW US

三好、南野との初共演に「良い部分も出せた」と好感触…一方で自身の課題に悔しさも

パナマ戦にフル出場した三好康児 [写真]=Getty Images

 日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 MF三好康児はこの試合、3-4-2-1のフォーメーションのシャドーで先発出場。フル出場を果たし、チャンスを迎える場面もあった。しかし得点に絡むことはできず、試合後に三好は、「一番の課題は決定機を作り出す最後の精度とシュート。最後にビッグチャンスもありましたし、決めきる力が足りていないと思うので。点を取れれば、もっと楽に試合を終わらせられましたし、そこが一番の課題と感じました」と悔しさをにじませた。

 また、FW南野拓実ら前線の選手との連携面については、「互いの動きをもっとしっかり見ることは必要ですけど、やっていた中で、形を作りながら、少し手ごたえのあったシーンもあったので、そこは継続してやっていく。今回、南野拓実くんは一緒にプレーするのが初めてだったので、その中では良い部分も出せたと思うし、常に自分を見てプレーしてくれるので、そこは自分も味方を見ることができれば、おのずとプレーを合わせていける確信は持てました」と、好感触を得たことを伺わせた。

 日本代表は17日にメキシコ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO