FOLLOW US

値千金の日本代表初得点 植田直通が考える吉田・冨安に「割って入る」ために必要なこと

後半ATに代表初ゴールを決め、喜ぶ植田 [写真]=Getty Images

 日本代表は13日に国際親善試合でコートジボワール代表と対戦。後半アディショナルタイムに途中出場の植田直通がセットプレーからヘディングシュートを決め、1-0で勝利を収めた。

 試合後のオンライン会見に登場した植田は「失点をなくすということで入ったし、チャンスがあればセットプレーで1点をということは自分自身も狙っていたことだったので、それを有言実行できてよかった」「練習でもかなりフィーリングがよく、チームメイトのみんなもわかってくれていた。それにキッカーが(柴崎)岳くんということで、もともと鹿島でやっていたので息はぴったりだったなと。本当にいいゴールだったと思います」と、投入直後の値千金弾を振り返った。

 武器であるヘディングでの日本代表初ゴールとなったが「毎日ヘディングの練習をやってきて、自分の得意な部分でもあるし、チームを助けたい思いがありました。今日は攻撃という形にはなりましたけど、一つ結果が出たので、自分の自信にもつながるし、これからもっともっと成長していけると思っているので。日々やっている練習を続ければ、もっと結果が出ると思うので、続けていきたいと思います」と、継続性の大切さを口に。

 日本代表は吉田麻也と冨安健洋がセンターバックのファーストチョイス。カメルーンとの2連戦でも両選手はフル出場し、植田はコートジボワール戦のみの出場で、右サイドバックに入る形での起用となった。両選手については、「一緒にやっても、試合を見てもいいプレーは多いし、安定してきている」とする一方で、「でも、そこに割って入らないといけない」として、次のように自身の改善点を語っている。

「一番大事なのはチームでの結果。日々の成長にはチームでどれだけやれるかが大事になってくるので、チームに帰って、自分の課題と向き合いながら、やっていきたいです」

「縦パスの質であったり、技術面のレベルを上げないといけないと思っているところ。(吉田、冨安から)かなり勉強になるところもあるし、今回得られたものは多くあるので、そこは持ち帰ってやっていきたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO