2019.04.16

U-20日本代表、W杯前のテストマッチはドロー…安部裕葵がPKで得点

安部裕葵
PKを決めた安部裕葵 [写真]=金田慎平
サッカー総合情報サイト

 U-20日本代表と全日本大学選抜によるトレーニングマッチ(45分×2本)が16日に千葉県内にて行われた。

 5月に開幕するFIFA U-20ワールドカップに出場する日本代表は、メンバー発表前の選考にもつながる重要な試合。1本目はGK茂木秀、DFは右から石原広教、三國ケネディエブス、小林友希、東俊希、ボランチに伊藤洋輝と藤本寛也が並び、右MFに山田康太、左MFに安部裕葵、ツートップに宮代大聖と郷家友太が入った。

 大学選抜は旗手怜央や本村武揚、オビ・パウエルオビンナなどが先発。立ち上がりは大学選抜が押し込んだが、両ワイドを広く使い、丁寧はパス回しでペースを掴んだU-20日本代表は24分、郷家の仕掛けからPKを獲得。安部がしっかりと沈めて先制に成功する。

 しかし31分、大学選抜はボールを奪って、自陣中央からシンプルにDFライン裏へロブパスを送ると抜け出したイサカ・ゼインがGKとの1対1から丁寧に流し込んで同点に。1本目は1-1に終わった。

 2本目のU-20日本代表はGK若原智哉、DFは右から菅原由勢、関川郁万、小林、東、ボランチは1本目同様に藤本と伊藤、右に山田、左は斉藤光毅が入り、ツートップも同様に宮代と郷家が並んだ。

 U-20日本代表は立ち上がりに斉藤が仕掛けを見せたり、DFラインからのロングボールを受けた山田のシュートがGK正面を突くなどしたが、徐々に大学選抜のペースとなる。U-20日本代表は中島元彦や西川潤を投入したが、ネットは揺れず、スコアレスに終わった。

 FIFA U-20ワールドカップポーランド2019は5月下旬から6月にかけて行われる。グループステージでU-20日本代表は、5月23日にエクアドル代表と、26日にメキシコ代表と、29日にイタリア代表と対戦する。

<1本目(45分)>
【スコア】
U-20日本代表 1-1 全日本大学選抜

【得点者】
1-0 24分 安部裕葵(PK/U-20日本代表)
1-1 31分 イサカ・ゼイン(全日本大学選抜)

【スターティングメンバー】
U-20日本代表(4-4-2)
茂木秀;石原広教、三國ケネディエブス、小林友希、東俊希;山田康太、藤本寛也、伊藤洋輝、安部裕葵;宮代大聖、郷家友太

全日本大学選抜(4-4-2)
オビ・パウエルオビンナ;中村帆高、饗庭瑞生、本村武揚、高木友也;イサカ・ゼイン、宮本優太、明本考浩、森下龍矢;旗手怜央、武田太一

<2本目(45分)>
【スコア】
U-20日本代表 0-0 全日本大学選抜

【スターティングメンバー】
U-20日本代表(4-4-2)
若原智哉;菅原由勢、関川郁万、小林友希(29分 橋岡大樹)、東俊希;山田康太(15分 中島元彦)、藤本寛也、伊藤洋輝、斉藤光毅(24分 西川潤);宮代大聖、郷家友太

全日本大学選抜(4-4-2)
佐藤久弥;中村帆高、饗庭瑞生、本村武揚、高木友也(24分 森下龍矢);紺野和也、宮本優太、河原創、橘田健人;旗手怜央、上田綺世

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る