FOLLOW US

アジア杯準優勝に落胆する堂安律…「得られたものはない」

[写真]=Getty Images

 AFCアジアカップUAE2019・決勝戦が2月1日に行われ、日本代表とカタール代表が対戦した。日本は前半、カタールに2点を奪われる苦しい展開を迎える。後半に入り南野拓実の今大会初ゴールで1点を返すも、PKで3失点目を喫し万事休す。日本は1-3で敗れ、2大会ぶりのアジア制覇とはならなかった。

「(後半は)動きが良くなったと思いますけど、結果が全てだと思いますし、『優勝する』と大会前から言ってきたので、自分の責任だと感じています」

 試合後、堂安律は悔しさを噛み締めながら大会を振返った。弱冠20歳ながら、レギュラーとして6試合に出場。記録した2得点はいずれも決勝点で、チームの勝利に貢献してきた。しかし、掲げてきた“アジア制覇”という目標には届かず、落胆ばかりが心に残った。

「優勝していないので、得られたものはないと思っています。優勝するために来たので、経験とか、成長とかのために来たわけではないですし。だからこそ、自分の責任で負けたと感じています」

 今後に向けての目標を聞かれても、「腹立たしいというか、自分に対してもどかしさを感じています。それを発散できるのはピッチの上でしかないので。今ここで何かを変えたいと言っても変わるわけではないので、トレーニングから、試合からピッチ上で全て変えていきたいと思います」と、反省の弁は後を絶たなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA