FOLLOW US

試合を決めた2度のVAR…南野拓実「ルールはルールなので」

南野拓実がVARについてコメントした [写真]=Getty Images

 24日、AFCアジアカップUAE2019 準々決勝が行われ、日本代表とベトナム代表が対戦した。試合は、24分に吉田麻也がCKからゴールネットを揺らすも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってハンドの判定が下り、ゴールが取り消された。それでも、57分には堂安律がエリア内で倒されると、一度はプレー続行となるも、VARでPK判定に。これを堂安自らが決めて日本が先制点を挙げた。この1点を守り切り、1-0で勝利。日本は2大会ぶりの準決勝進出を果たした。

 南野拓実は試合後、「難しい試合展開でしたけど、勝つことが1番大事だったので、チームとして勝てたことは本当に良かったと思います」と勝利を喜んだ。

 さらに、2度のVARに関して、「『ゴールかな』と僕も思ったし。ハンドが見えていなかったんで。難しいところもありましたけど、逆に後半はVARのおかげでPKの判定があったので救われた部分もありますし。それは難しいところですけど、ルールはルールなので。これからもそのルールは続くので、その中でやっていきたいと思います」と振り返った。

 これで日本は初戦から5連勝。しかし、南野はチャンスを迎えながらも未だノーゴールと苦しんでいる。それでも、「次もタフな戦いが続くと思いますけど、チーム一丸となって勝利を目指して頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします」とサポーターへメッセージを送った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA