2019.01.10

長友が“愛弟子”堂安のゴールを誰よりも喜んだ理由「師匠がカバーできなかったので」

長友佑都
堂安のゴールを祝福する長友 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

「あのメンタルですよ」。長友佑都が堂安律に称賛の言葉を送った。

 26分、堂安の後方へのパスがずれたところを奪われると、カウンターから先制ゴールを許した。だが、「あそこで下を向かない、あのメンタルですよ」と長友が称えたように、堂安は積極的なプレーを続ける。

 その姿勢が実ったのは2-1と逆転して迎えた71分だった。エリア手前左でボールを受けた堂安は巧みな反転から左足を振り抜く。わずかに相手DFに当たったボールがゴール右に吸い込まれた。

「自分のミスから失点して、普通はナーバスになって仕掛けられなくなる選手がほとんど。それでも仕掛けるのが彼の良さ。だからゴールにつながったと思います」。長友は、現地入りしてから毎日ともにジムでトレーニングを行っていた愛弟子の強気な姿勢をこう称賛した。

 ゴール後には真っ先に堂安のもとへ向かい、祝福した。そこにはこんな理由もあったようだ。

「あの失点は僕がフリーにさせたから。仕掛けるというのは素晴らしいし、後ろの選手、僕自身がリスクマネジメントしていれば問題なかったですし、あれは僕の責任です。弟子なんで。師匠がカバーできなかったんで、彼のミスを。だから彼にゴールを取ってもらえてすごく嬉しかったです」

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る