FOLLOW US

横浜FMの天野純&山中亮輔、代表初選出の裏にパワースポットあり?

今年、日本代表に選ばれた天野(左)と山中(右)[写真]=兼子愼一郎

 森保ジャパン発足後、横浜F・マリノスから2人の代表選手が誕生した。天野純山中亮輔だ。

 二人がA代表に初招集される約1年前、実は横浜F・マリノスのオフィシャルマガジン『TRICOLORE』の企画である場所を訪れていた。横浜屈指のパワースポット、師岡熊野神社だ。日本代表のエンブレムに使われている八咫烏を御社紋にしていることから、「サッカー神社」としても知られており、試合前に必勝祈願に訪れるファン・サポーターも多い。

 神社の雰囲気が好きで、休日にはパワースポットや寺社巡りをしているという天野も、師岡熊野神社を訪れるのは初めて。山中と一緒に八咫烏が描かれた絵馬に願い事を書いて奉納した。

山中亮輔

 1993年生まれの山中はリオ五輪世代だが、大会直前の負傷でメンバー落ち。五輪の舞台に立つことはできなかった。絵馬に書いた「日本を代表する左サイドバックになる」という言葉には当時の悔しさも込められている。

 ご利益かどうかは分からないが、二人の今季の活躍が代表選出につながったことはたしかだ。

▼パワースポット(師岡熊野神社&伊勢山皇大神宮)巡りの様子を写真でチェック!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA