2018.10.19

久保建英は一戦必勝を強調、北朝鮮戦へ「生命線」と考えることとは?/AFC U-19選手権

久保建英
前日練習に臨んだ久保 [写真]=佐藤博之
サッカー総合情報サイト

 AFC U-19選手権インドネシア2018の開幕を控え、U-19日本代表が前日練習を実施。冒頭のみの公開となった練習後、選手たちが取材に応じた。

 横浜F・マリノスでプレーするFW久保建英はチームの印象について、「強烈な個がたくさんいるチームだと思います。ピッチ内外ともに、存在感が強い選手が何人もいるので、一緒にいて楽しいですね」と語る。

 日本は今大会で朝鮮民主主義人民共和国、タイ、イラクと同組となり、厳しいグループを戦うことになる。しかし久保は、「初戦で厳しい相手と戦った方が、予選を突破した時に先が楽になると思うので、まずはしっかりグループリーグ突破を目指して頑張りたい」と語る。

 朝鮮民主主義人民共和国との初戦のポイントとしては「球際で激しく来るイメージがあります。相手のストロングでも自分たちが負けないということが生命線」と挙げ、「雨でU-16の代表戦が翌日に延期したことも聞きました。アクシデントがあってもプラスにとらえて、自分たちが一歩そういうところでも先手を取れれば」とアジアの戦い方について言及。

「U-16、U-19とアジアの頂点に立てればベスト」と話す一方で、「先のことは考えず、明日の試合に集中していきたい」と、一戦必勝であることを強調している。

 U-19日本代表は19日に朝鮮民主主義人民共和国、22日にタイ、25日にイラクと対戦。上位2カ国が決勝トーナメントに進出し、準々決勝を突破すると来年ポーランドで開催されるU-20W杯出場権を獲得する。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る