FOLLOW US

無失点勝利に“地の利”あり…東口順昭「景色がいつもと一緒だった」

東口はホームのパナソニックスタジアムで無失点勝利に貢献した [写真]=新井賢一

 日本代表は11日、キリンチャレンジカップ2018でコスタリカ代表と対戦。相手のオウンゴール、南野拓実と伊東純也の代表初ゴールで3点を奪うと、無失点に抑え3-0で勝利を収めた。

 日本のゴールマウスを守り無失点勝利に貢献したGK東口順昭は、「まず、後ろが“0”で終えられたので、最低限の結果だったと思います」と試合を振り返った。

 東口には“地の利”があった。この日、試合が開催されたのは「パナソニック スタジアム 吹田」。東口が所属するガンバ大阪のホームスタジアムだ。いつもと違うメンバーと戦う代表戦にも「見える景色がいつもと一緒だったので守りやすかった」と冷静なプレーでチャンスを凌ぎ、新生・日本代表の勝利を手繰り寄せた。

「“自分のホーム”という感じは強いですし、アグレッシブにプレーできた。この吹田でスタートできて良かったです」

 さらに、DF陣とのコンビネーションにも手応えをつかんでいた。

「槙野が声を出すのでコミュニケーションがすごく取れる。弦太はいつもチームで一緒にやっているし、3人を中心に喋ってプレーすることができたので、難しくなかったです」

 ムードメーカーの槙野智章とガンバ大阪でチームメイトの三浦弦太。急造チームになりがちな代表でも、連携面に何ら問題はなかったという。しかし、「まだ正GKという感じではない」と、一切の油断はない。過去3大会のワールドカップ、川島永嗣が君臨してきた日本代表正GKの座をつかむために、「もっともっとやっていかなあかん」と東口は話した。

「セットプレーの空中戦だったり、そこからのフィードはある程度アピールできた。ビルドアップのところでゴールに直結するようなパスをもっと出していきたい」

 すべては2022年カタールW杯のピッチに立つために、東口が新たな一歩を踏み出した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA