2018.07.23

テレビでW杯日本戦を見た視聴者数が発表! 4試合合計は約1億7,458万人

日本代表
日本代表戦4試合の視聴者数が発表された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ビデオリサーチが23日、2018 FIFAワールドカップ ロシアの日本代表戦4試合のテレビ生中継ににおける国内での「自宅内テレビでのリアルタイム視聴者数」を発表した。

 ビデオリサーチによると、地上波、BSで放送された日本代表戦のいずれかをリアルタイムで1分以上視聴した人は日本全国合計で、推計約8,014万人を記録。また、4試合合計の延べ視聴者数は、推計約1億7,458万人にも到達したという。

 最も視聴者数が多かった試合は、日本のW杯初戦となったコロンビア代表戦の推計約5,720万人。次いで、グループステージ第3戦のポーランド代表戦で推計約4,913万人、グループステージ第2戦のセネガル代表戦で推計約3,748万人、決勝トーナメント1回戦のベルギー代表戦の推計約3,077万人となった。

 ベルギー戦の視聴者数が一番少ない結果となったが、27時キックオフだったことが影響していると見られている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る