2018.06.29

日本の戦いを海外はどう見たか? イギリスメディア「茶番」「滑稽に見える」

日本代表
決勝トーナメントに進出した日本代表 [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が行われ、日本代表はポーランド代表と対戦し、0-1で敗れた。イギリスメディア『BBC』が同試合を振り返っている。

 同時開催だったコロンビア対セネガル戦で、コロンビアがリードしていたため、フェアプレー・ポイントでリードしていた日本は、1点を先行されていたものの、終盤にボール回しを選択。このまま試合は終了し、グループ2位で決勝トーナメントに進出した。『BBC』のコメンテーターであるマーク・ローレンセン氏は、日本の戦いを「茶番」だと一刀両断した。

「W杯の順位を決める方法には、もっといいやり方があるはずだ。警告の数よりもね」

 また、レオン・オスマン氏も同様に日本に対して辛辣な意見を述べた。

「残りの10分間で両チームとも何もしなかった。それは私たちが見たいものではなかったね。あの戦い方は滑稽に見えてしまったよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る