FOLLOW US

関塚隆技術委員長、初戦のコロンビア戦に向けて「オールジャパンで戦っていく」

日本代表の技術委員長を務める関塚隆氏

 日本代表は12日にパラグアイ代表と対戦し、最終スコア4-2で勝利した。試合後、日本サッカー協会の技術委員長である関塚隆氏がコメントを残している。

「課題であったり、攻撃や守備のやり方というところを試合で確認できた。メンバーは少し変わりましたけれど、チーム全体で取り組んでいることを一歩進めることができましたね」

 昨年12月に行われた中国戦以来となる勝利となり、19日に控える2018 FIFAワールドカップ ロシアのコロンビア戦の前に自信をつけることができた。

「これまで得点が取れてなかった。勝ち点を取るためには、点を取っていくいうことが大事なので、親善試合で結果が出せたことは好材料だと思います。とにかく19日に照準を合わせて、チームとして取り組んでいます」

 8日に行われたスイス戦からスタメンを10人入れ替えたものの、結果として乾貴士の2ゴールを始め、香川真司も試合を決定づける得点を奪った。その点も踏まえて関塚氏は「オールジャパン」で戦っていくことを主張している。

「ケガのこともありますし、そのコンディションを含めて西野監督は19日までの流れを考えていると思います。スイス戦でも狙いは出たんですけれど、まだ精度が足らなかった。でも今日はゴールも奪えたので、この辺はオールジャパンで、しっかりと現場で西野監督を支えていくことが大事だと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA