2018.05.31

後半から出場の香川、新布陣に手応え「今までにない形は多々あった」

香川真司
後半からピッチに立った香川真司 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 日本代表は30日、キリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦。0-2で敗戦し、西野朗監督の初陣を勝利で飾ることはできなかった。

 香川真司(ドルトムント)は宇佐美貴史(デュッセルドルフ)との交代で後半開始から出場。西野監督からは「ボランチの両脇、バイタルでボールを受けるように」と指示を受けた。この試合では長谷部誠(フランクフルト)を3バックの中央に配置した3-4-2-1の布陣を初披露し、香川は前線のシャドーポジションに入った。結果的に得点は奪えず、香川自身もチャンスらしいチャンスを創出することはできなかったが、「課題があった反面、見い出せるものはあった」と新布陣を前向きに捉えている。

「僕はすごく手応えを感じていますし、チームとしても手応えを感じています。選手の距離感であったり、攻撃の際の厚みは今までにない形は多々あったと思います」と香川。「もちろん負けたことは悔しいですけど、すぐ切り替える必要はあると思います」とコメントした。

 シーズン後半戦は負傷により離脱する期間が続いたが、現在の「コンディションは悪くないので、それを証明しないといけない」と開幕まで約2週間に迫った2018 FIFAワールドカップ ロシアに視線を向けた。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る