2018.03.28

3月の欧州遠征は勝利なしも…西野技術委員長はハリル体制の「継続」を明言

西野朗
日本サッカー協会の西野技術委員長 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は27日のキリンチャレンジカップ 2018 in EUROPEでウクライナ代表に1-2で敗戦。23日のマリ戦は1-1のドローに終わり、3月の欧州遠征は1分け1敗という結果になった。

 日本サッカー協会の西野朗技術委員長は「ウクライナはポゼッションもできるし、カウンターもある。ディフェンス力もあった。いいテストマッチだったとは思います。点差以上に差があった感じはします。こういう試合に慣れたことは収穫だったと思う」と総括した。

 日本代表は11月の欧州遠征でブラジル、ベルギーの強豪2カ国を相手に連敗。国内組のみで臨んだ12月のE-1選手権は韓国に敗れて優勝を逃し、3月の欧州遠征も勝利なし。ワールドカップを約2カ月半後に控え、不安視する声も上がっている。

 西野技術委員長は「もちろん継続して考えたい」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督のもとで本大会に臨むことを明言。「完全にゲームが成立していないという感じではないし、レベルの高い相手と対戦した中での結果なので。結果よりも自分たちが本大会でやれる、やれないをもっと検証していかないといけない」とコメントした。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る