2018.03.28

本田が挙げたキーワードは“支配”「結果的に守備も良くなると考えています」

本田圭佑
右FWで先発した本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2018 in EUROPEが27日に行われ、日本代表とウクライナ代表が対戦。前半に先制を許した日本は槙野智章のゴールで一時は追いつくも、後半に失点を喫し1-2で敗れた。

 右FWのポジションで先発した本田圭佑は「内容、結果とも向こうに上回られました」と試合を振り返った。そのウクライナ戦は試合を「支配」する意識が欠如していたと指摘する。

「対策としては支配しようとすることが大事で、結果的に守備も良くなると考えています。一つひとつのプレーの選び方がより個をさらけ出すようなプレースタイルになってますので。それを消すために上手くチームでカバーすることが大事かなと」

 本田は大きな見せ場を作ることができず、64分に久保裕也と交代。「テストマッチということで、最初から交代を考えていたかもしれない」と言いつつも「個人的には悔しいですよね。監督にもう少し見てみたいと思わせられなかったという非があるのは分かっています」と悔しさをにじませた。

 3月の欧州遠征は1分け1敗で勝利なしという結果に終わった。本田は「個はもっと伸ばしていかないといけない」という「大前提」を立てた上で、「個以外のものが個を引き立たせるというのはありますよね。個人個人で見れば、僕も含めて個の追求が終わることはないので。そこは反省しないといけないですし、少なくとも個のクオリティは良くなかった」と語った。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
横浜FC
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る