2018.03.15

欧州遠征に意気込むハリルホジッチ監督…本大会では「下馬評どおりにはいかない」

ヴァイッド・ハリルホジッチ
日本代表を率いるハリルホジッチ監督(写真は1月のもの)
サッカー総合情報サイト

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は15日、3月の国際親善試合に向けたメンバー26名を発表した。

 冒頭でハリルホジッチ監督は、2018 FIFAワールドカップロシア大会までたくさんの準備をしてきたと語った。

「だんだんW杯が近づいている。W杯前の最終的な合宿になる。本当に時間が経つのが早い。1月から本大会に向けて準備が始まっているが、私は頭の中でたくさん準備してきた」

「本大会で当たる相手の分析も十分した。3チームとも異なるタイプのチームだ。アフリカパワーを押してくるセネガル、欧州のポーランド、南米のコロンビア。コロンビアに関しては、前回大会の日本代表との試合も見直した。今まで私がやってきたように、違った戦術を用意しなくてはいけない」

 厳しい戦いが想定されているものの、指揮官はネガティブにはなっていない。

「本大会に行くメンバーは強敵と戦わなくてはいけない。下馬評では日本が下だ。そう言うと私は皮肉屋だと言われるかもしれないが、野心を持って戦わなくてはいけない。それに、つねに下馬評通りの結果にはならないんだ。前もって強いと言われていたチームが優勝するとは限らないからね」

 最後に、就任当時からキーワードにしてきた“デュエル”を日本代表にもたらすことができたと考えている。

「日本人は勤勉であるものの、フィジカル的な準備をしておかなければいけない。私は、この2年間で日本代表に戦う姿勢を植えつけたと思っている」

 日本は23日(金)にマリ代表、27日(火)にウクライナ代表とベルギーのリエージュにて対戦する。

 以下、日本代表に招集されたメンバー26名。

■GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

■DF
▼サイドバック
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
遠藤航(浦和レッズ)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
宇賀神友弥(浦和レッズ)

▼センターバック
昌子源(鹿島アントラーズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)
森重真人(FC東京)
槙野智章(浦和レッズ)

■MF
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
大島僚太(川崎フロンターレ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
森岡亮太(アンデルレヒト/ベルギー)

■FW
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
小林悠(川崎フロンターレ)

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
63pt
山形
57pt
横浜FC
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る