2017.12.10

待望の初出場へ…同世代の活躍に奮起する三浦弦太「自分のベストを…」

三浦
初出場へ意気込む三浦 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会・初戦から一夜明け、練習後にDF三浦弦太(ガンバ大阪)が試合を振り返った。

 出番こそなかったが、出場した時のイメージはしっかり持っていた。「相手が組織的にいい守備をしていたので、なかなか攻めづらかった」と前置きした上で、「テンポが良くなかった。急造チームなので味方との距離感を掴むのは難しいんですけど、自分が出ていたら積極的にパスとか入れたかった」と、前線が活性化できるようなボールをディフェンスラインから供給したかったという。

「まだ大会は2試合あります。もちろんチャンスがきたら自分のベストを出したいです」。朝鮮民主主義人民共和国戦では、GK中村航輔(柏レイソル)が奮闘。1-0の勝利に貢献した同年代の活躍に刺激を感じている。

 日本代表に初招集された6月から、すでに半年が経過した。それまで招集はされるものの、出場機会を与えられていない。三浦は「出場したら結果を出すことにこだわりたい。それには自分のベストパフォーマンスが必要です。それができれば勝利に繋がると思っています。チームが勝利できれば、自分のアピールにも繋がる」と考えており、12日の中国戦では“待望の”初出場も視野に入れている。

 取材の最後にはFW川又堅碁(ジュビロ磐田)が近くを通り、「うまくまとめろよ」とプレッシャーをかけられる。笑いながら「堅碁さんのようにしっかり準備したい」と応えると、「それもっと(メディアで)言っていけよ」と二人で周囲の笑いを誘った。

 “いじられ役”もこなす三浦には周囲だけではなく、自分も笑顔で終わってもらいたい。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る